お問い合わせ

商品+レターで完結!ビジネスで最大の壁『集客』を最初から突破した場所で”集客せず”に圧倒的なファンを生み出す【作って売るの最適解】

当ページのリンクには広告が含まれています。
Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...

⚠ 最終29,800円まで値上げします

⚠今が一番お安い価格です

【たくさんのご購入ありがとうございます!】

Brain販売開始43分で100部完売しました

Brain総合ランキング2位になりました!

▶ Brain総合ランキング2位

▶ 販売開始43分で100部販売突破

▶ レビュー★5満点

✅購入者限定超スペシャル特典①

※『Brain攻略メルマガ講座』購入者限定メルマガ

↑購入者限定でしか受け取れないメルマガ講座へご招待します。

このメルマガ講座だけでも有料レベルの話をバンバンしていくので、忘れずに登録しておいてください。

✅購入者限定超スペシャル特典②

拡散を最大まで高めるBrainアフィリ戦術

↑自分のBrainをどうやってアフィリしてもらい、多くの人に広めることが出来るか?一人より大勢の力を借りて隅々にまで認知を広めるための秘策をお伝えします

こんにちは〜メイコです(@30_shiro

今回のBrainでは『集客不要』なのにも関わらず人が勝手に集まって教育ファン化、そして収益化まで達成できてしまう最高のノウハウをお伝えします。

ビジネスやってて一番しんどいのって

商品を作ることでも、教育することでも、ファンを作ることでもなく

圧倒的に【集客が一番しんどい】です

わたしは普段、ツイッターをメインに使ったコンテンツ販売のビジネスをやってますが

フォロワーを集めるためにプレゼント企画をやったり、ツイートをBOT化したり、しています。

慣れると簡単ですが、教えている生徒さんに中にはツイートの内容が自分のビジネスとあっていなかったり、プレゼント企画の内容がちぐはぐだったり…と

人を集めるために使っているはずのツイッターで、なかなか苦戦してしまっている人が多く見られます。

そう、人を集めるって実はめちゃくちゃ大変なことなのです。

ぶっちゃけてしまうと、わたしはFacebookとインスタで広告を出稿したことがあるんですが(これは代理店の方にめちゃくちゃ上手いように言われてそのまま丸投げしてしまった最悪のケースなので恥を忍んで公開します)

なんと、出稿で4,730,000円を溶かしました。

超最悪です。頑張って稼いだお金が一瞬でアブクのように消え去っていきました。

ここから反省して、広告からは一切手を引いて今はまたツイッターだけでやってるわけですが

要するに

「集客って大金を払ってでも必要なこと」で

世の中の多くの企業も同じように『広告費』に莫大なお金を使っているんだよ、というお話です。

普通に「今からコンテンツ販売で頑張るぞ〜!」という初心者の方にはぜひ知っておいてもらいたいのですが

集客はぶっちゃけ、大変です。

おそらく、めちゃくちゃ挫折します。

人が集まらなさすぎて、あの手この手でいろーんな方法をこれから試すことになると思います。

じゃあ、なぜ初心者の段階で集客に困るのか?という一番の原因って

「自分に実績がないから」という理由があります。

例えばわたしの場合は

・年収2000万円をコンテンツ販売で稼いでいる人

という肩書があるので、ある程度の人は「ん?」と興味を持ってくれる

でも、最初はこの実績がないから人が集まらない。

大きく目立つ『旗』のようなものがないので、埋もれちゃう感じです。

じゃあ、どうするか?

【最初に、集客0で実績を作ってしまえばいいのです!】

 ◆ 集客0からのコンテンツ販売

自分で集客しないといけないから、余計なハードルが一個増えるんですよね

じゃあ、このハードルを最初からなくしてしまったらいいじゃない!というのが今回のBrainになります。

集客しないでもいい場所を使って

・初めから人が集まっている場所で

・自分の商品をリリースして

・興味を持ってくれた人をファンにして

・徐々に自分のお客さんを増やしていく

こんな計画です。

じゃあ、そんな便利な場所がどこにあるのか?

ここです。

そう、Brainです!

Brainには常に「学びたい!」という意欲モリモリの人たちがすでに20万人も集まっている超最強のプラットフォームです。

ここで上手に立ち回れば、実績0の初心者であっても商品を売ることができて、しかもいきなり購入してくれるという最短距離で成功を掴むことができます。

あなたは、すでに作成したコンテンツを持って

あとはBrainでレターを書くだけでOK

Brainはココナラのように規約が厳しくないので、情報を商品とする私達にとってはまさに最高にありがたいスタートダッシュサポートプラットフォームになります。

集客という超大きい壁を、いきなり迎えるのではなく

まずは実績という『旗』をBrainでつくり

満を持して大海というツイッターやSNSへ挑みに行けばよいのです〜!

            

 ◆ 超最高プラットフォームBrainの落とし穴

Brainを使って『すでに学ぶ意欲満々の人たち』に対して自分のコンテンツをアピールしていくわけですが

ここで1つ大きな落とし穴があります

初心者の実に99%がこの落とし穴にハマっていると言っても、決していいすぎじゃないくらい深刻な問題点

それが

『ライバルが20万人いるという事実』です

そう、Brainの登録ユーザーは20万人

その中でどれくらいの人がコンテンツを出品しているかは分かりませんが

確実にライバルが集まりに集まりまくっている状態です

大きな湖の中に、大勢が一斉に糸を垂らして魚を釣ろうとしているイメージです。

この中で、あなたの商品をパクっと食べてもらうための施策、なにか持っていますか?

持ってないなら、残念ながら結果はかなりキビシイです。

猛者たちはすでに、(表現は悪いですが)リストという撒き餌を持った状態で参戦しています。

糸を垂らす瞬間にリストに対して「糸を垂らすよー!」と伝えているので瞬間的にドドドー!!っとみんながパクパクー!!っと食いついてきてくれます。

それを見た他の人達も

「おや?あの糸はものすごく人気だなあ!なんだろう?!」と気になってさらに、大勢の人がパクパク飛びついてきてくれる

「美味しいし、大満足!もっとちょうだい!次はないの?」という状態

ここに参入して勝てる見込みはあるか?

現実的にとても・・・厳しそうですよね。

            

 ◆ 戦略を立てて弱者の戦いを学ぶ

では、諦めるのか?

ワンチャン、ツイッターという大海に出てみたらもしかしたらまだ勝てる可能性があるのかも!?

別の方法で頑張ろうと思っちゃう気持ちもわかりますが、大丈夫です!!

今回、わたしがめーちゃくちゃ分かりやすく初心者向けにBrain攻略のスタートダッシュ方法を解説します。

闇雲に戦ったって勝てるわけがないので、じゃあ思いっきり勉強して知識つけて「勝てる戦いをする」です。

知識は武器ですから、ガンガン身につけて自分のみを守りに守り、そして攻める時はエイヤー!っと飛び込めるようになります。

今回のBrain概要はこんな感じです

↓↓↓

▶ 初心者の立ち回り『小さく勝ち続ける』ための戦略

まずは「小さく勝つ」これがキーワードです。いきなり月収100万円を狙うのではなく、最初に5人でも良いからまずはファンを作る。お客さんに喜ばれるコンテンツを提供すればお客さんはあなたの濃いファンになってくれるので、ここからビジネスが加速していきます。

▶ 単発ではなく流れで勝つ集客術

高額のBrainを出して大きく収益化しよう!という行動は初心者には良くない手になります。まずは単発ではなく流れで物事を捉えながら、順序よくお客さんの気持ちを汲み取って行く必要があります。濃いファンを生み出し、リピーターになってもらうには辛抱強くじわじわ戦略が一番効果的です。

▶ 効率よく売れるタイトルを探し出す方法

ライバルが多いBrainの中で、あなたが目立つためには『魅力的なタイトル』を付けることが欠かせません。しかし!自分で考えてもいい愛ではでてこないので外からバンバンにタイトルを見つけ出してくっつけてガッチャンコしていきましょう!その方法を解説します。

▶ 購入はサムネの3秒で決まるデザインのコツ

Brainでお客さんが一番最初に見るのは『サムネ』です。ここで0か100かが決定する最重要部分になります。ダサいサムネで無名の人のBrainなんて誰だって見ないし、時間を割きたくないと思っちゃうものです。サムネは超重要、デザイン超重要です。

▶ 超秘伝ここが運命の分かれ道売るためのハズさないBrainレター作成方法

Brainに限らず、レターって書くのが結構たいへんだったりします。わたしも3〜4日かけて書くこともあるのですが、いつなんどきも欠かしてはいけない『絶対に書かなくてはならない項目』があります。ココだけは絶対に外してはいけません。じっくり解説したのでこの通り手順通りにまずはポイントを抑えて作成してみてください。

▶ 絶対必須の2大〇〇、これがないとただの情報の垂れ流し

これやってなきゃBrain出す意味無し!と言ってもいいくらい、めーーちゃくちゃ重要な話をしています。これやってないと「何のためにBrain出してるの?」と思っちゃうレベルで重要なことですが、やってない人がめちゃくちゃ多いです。絶対必須です。

▶ 大前提『リスト取得』最強のファンを増やすための怒涛の施策

ビジネスの基本中の基本「リストを取っておく」これをやらないと今後のビジネスがお話にならないレベルで停滞→衰退していきます。商売してるのにリスト取らないってお金もらわないのと同じくらい意味がわからない行動になっちゃうのでビジネスの基本をしっかり抑えて必ず実践してください。

▶ 徐々に加速させるBrain戦略でランキング上位を目指す

ランキング上位に乗れば波にノリノリ状態です。ただ最初っからいきなりランキング入りは現実的に難しいのでまずは目指せ人気順1ページ目、です。ここから伸ばしていきましょう!

▶ Brainの凶悪な落とし穴を回避するための5つの戦術

せっかく準備万端でBrainをリリースしてもこの落とし穴に落ちてしまうとすべてが無駄になってしまう最悪の状態に。事前に回避する方法と戦術を学んでリスクを徹底的に回避した立ち回りをしていけばOKです!

◆よくある質問

Q.はじめてのコンテンツ販売ですが大丈夫でしょうか?

はい、今回は初心者さんにも十分に使いこなせる戦術を解説しているのでドンドン学んでまずは1つずつ実践してみてください。

Q,一番レター(無料部分)が苦手です

分かります!メイコもレター部分にはめちゃくちゃ悩まされ続けています。今回はレターの分かりやすい『型』を解説しているのでまずは順番通りに作成してみてください。

一発成功ではなく、繰り返しながらレベルを上げていきましょう!

Q.タイトルやサムネの付け方、作り方も学べますか?

タイトルやサムネに書く内容はガッツリ学べますが、サムネのデザイン的な作り方については今回のBrainでは解説していません。

しかし、サムネはBrainの「顔」で超重要な絶対外せないポイントになりますので、わたしの推奨する方法をお話しておきました。ぜひ聞いて考え方をアプデしてみてください。

Q.添削してもらいたいです!

残念ながら〜!今回のBrainでは添削特典などは付けておりませんが、いくつか事例を見ながら解説している部分があるので是非参考にしてみてください。

(希望があれば別途添削サービスを有料で販売します)

Q.Brainだけで全部完結できますか?

初期段階の場合なら、はい。BrainだけでOKです

ただし今後ビジネスで着実に売上を伸ばし続けていきたいなら、ツイッターなどを使って本格的にビジネス展開していく方向で考えていくと良いです〜!

 ◆ 最後に 

コンテンツを作って販売できるようになると、自分の人生が劇的に変わっていきます。

普通の人の生活「お給料をもらって生きていく」から「自分で稼いで生きていく」への最初の一歩を踏み出せるようになると、あとはもう転がるように面白いビジネスの世界が広がっています。

ビジネスはお金お金しているイメージですが、わたしの考えだと『ファンを作って喜んでもらうこと』の繰り返しです。

悩みがあり、解決したいという想いが強い意欲的な人たちと知り合い、自分が助言することによってレベルが上がりどんどん笑顔が増えていくという最高の環境がビジネスだなあと感じています。

自分が稼ぎたい、自分が一番、自分自分・・・という人は成功できないまま延々と同じ場所をグルグル回って、いずれ消えていきます。

もちろん、ボランティアじゃないので対価はしっかり頂きつつ、相手に価値を与えるのが仕事なのできっちりやって満足度も高まる。

全国民がコンテンツ販売やビジネスをすればいいのに!と思うくらい思考や生き方がどんどん改善されていくようになるんですよね。

ただ、現実はビジネスを学び生きていく人は世の中の1%以下です。

だったら、わたし達だけでもガンガンに突き進んで最高の環境、人生を手に入れてしまえばいい。全員は救えない。というふうにわたしは考えてます。

残酷かもしれませんが、学ばなければ人生は好転しない。誰かが助けてくれるという考え方の人とは思考回路が違うので話も合わない。

自分は恵まれているなと実感しながら日々学びまくり、頭を使って賢くなり続けることができる。

それを知っているだけでも超幸運です。

バシバシに自分の人生をつかみ取りに行きましょう!その第一歩がこのBrainでありコンテンツ販売であり、自分自身です。

今回のBrainがあなたにとって最良の一歩と慣れば嬉しいです!

では以下でお待ちしております〜。

Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...
目次