お問い合わせ

【AIコンテンツメイク公式シリーズ】ブロガーも必見!超絶時短AIライティング術【秀逸】執筆・思考時間をAIに外注する最新指南書〜AIコンテンツメイクのすすめ2

当ページのリンクには広告が含まれています。
Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...
目次

【人間ライターが “SF” になる未来】

東京 2039年 某月

東京 渋谷。駅前の上空に映し出された巨大なデジタルホログラムの『ハチ公』が駆け回る姿をよそに、“1冊の本も見当たらない” 全面ガラス張りの高層図書館にて。

気がつけば、青い髪の少女と銀髪の少年は時間も忘れて “レトロなニュース” の数々に夢中になっていた。

これはそう遠くない、十数年後のお話です。

▼ 追加レポート情報

✅ 2023.1.26『AIエビデンス補完計画』を追加しました。

 ∟ エビデンスチェックを超絶時短できる “最新AIツール” について解説!

※ なお、追加レポートは《感想ツイート特典note内》にて限定公開中。すでにお受け取り済みの方はスグにご覧いただけます。

【右京公認:AIコンテンツメイク公式シリーズ】

さかのぼること1ヶ月前…

右京さん著『AIコンテンツメイクのすすめ1』“とある最新AIツール” の存在を知った私は、AIの持つ可能性にすっかり魅了されていた。

そこで私は、自身のコンテンツ制作の経験を活かし『“コンテンツメイクを前提とした” 最新AIツールの使い方』について、独自に研究を開始。

そしてある日、

そんな私の研究に興味をもった『AIコンテンツメイク』のパイオニアである右京さんから《続編制作のオファー》が舞い込んできたのである。

今作でご紹介するAIツールは、

チャット形式であるがゆえに自由度がかなり高いものの、使い手である人間がどのようなプロンプト(AIに指示を出すフレーズ)を与えるのかによって、得られる成果がガラリと変わるというメリットともデメリットとも取れる特徴があります。

海外でも多種多様なプロンプトをまとめたサイトが登場してはいるものの、複数の章と小見出しからなる一本のコンテンツを制作することを目的としたプロンプト(AIに出す指示)は、今作をリリースする段階では英語も日本語も見当たりません。

そこで、

ただでさえ時間がなく、なかなかコンテンツ制作に十分な時間を割くことができない、一生懸命努力をしても文章力がなかなか身につかない、思考力が追いつかない多忙なビジネスマンのために、私の研究成果をシェアさせていただこうと思った次第です。

今作の各種フレーズを使用していただければ、

テキストコンテンツの[テーマ決め・タイトル決め・目次案の構成・各項目の執筆]まで、1万文字程度のボリュームであれば最短30分で完遂できます。

また、コンテンツの執筆以外にも、セールスレターや日々の発信に役立つ思考時間を圧倒的に短縮する《超絶思考時短フレーズ》もご用意。

あなたの辞書から「挫折」という二文字を永久に抹消してしまうことになるかもしれません…。

どうぞ心して、まずはレターをお読みになった上で、ご参加をご検討くださいませ。

【誇張のない先行者利益】

今作は “先行者利益” を考慮して《正規価格》に徐々に戻していきます。

あらかじめご了承くださいませ。

断っておくと、

何の根拠もなく煽る目的で「先行者利益」などという安い言葉を使っているわけではありません。

これは、

今作のAIツールをGoogleトレンドを使って調べたものですが、日本は64位と圧倒的に下位。

対して、

NY市教育局ではこのAIツールの使用を学校で全面禁止したり、英語圏ではAIによって書かれた文章かどうかを検出するツールが早速登場して取り締まりが強化されるなど

英語圏の動向をチェックしていると分かりますが、誇張なく大注目されている最新AIツールなのです。

ところがこれらのデータを見ても分かる通り、日本ではほとんど知られていません。

だからこそ、今のうちに最新鋭のAIを使いこなせるようになった人間がどれほどの先行者利益を手にすることができるのか?

このレターに辿り着いているあなたなら、想像に難くないはずです。

なお、今作で紹介するAIツールは今のところは《完全無料》で使用することができます。

※ すでに有料プランもリリースされていますが、引き続き、無料でもご利用いただけます。ただ、有料プランの方が利用制限がなく、スピードも速いので快適です。

こういった事実も踏まえると「先行者利益」という言葉が決して、煽り文句でも何でもない、単なる “事実” であることがご理解いただけるはずです。

【パイオニア面させていただきます】

ちなみに、

私は決して、AIツールの開発者でもなければ、AI技術の第一人者でもなんでもありません。

テキストコンテンツの累計売上が数百万円程度のしがない文筆家(本職はデザイン関係)です。

そして、今作でご紹介しているAIツールは、AIに出す指示(プロンプト)によって得られる成果が良くも悪くもガラリと変わる特徴があります。

「猫に小判」

「豚に真珠」

「原始人にiPhone」

つまり、“プロンプト(AIに出す指示)を書く能力=創造的なライティング能力” が求められるAIとも言えるのです。

さらに、リリースされてからまだ日も浅く、日本語かつ、コンテンツメイクに特化する形で各種プロンプトを独自に研究する人間もほとんどいません。

もっと言うと「正解」という概念もありません。

それほどまでに、自由度が高く、可能性が良くも悪くも無限なのです。

ただ少なくとも、

今作の独自プロンプト(指示)を使用していただくと、下記のような章と小見出しで体系化されたテキストコンテンツが《最短30分程度》で作成できることは実証済みです。

▶︎『復縁』に関する作成事例(テキスト未編集版)

また、Brainに同一テーマのコンテンツもAIコンテンツメイクのすすめ1の右京さん以外にはいらっしゃらなかったようですから、胸を張ってパイオニア面(ヅラ)をさせていただいておる次第です。

【この中に多忙な方はいらっしゃいませんか?】

✅ 本業・残業・家事・育児…執筆時間が十分に確保できない…!!!

✅ 書けないわけではないけど、圧倒的に自分は書くのが遅い…!!!

✅ ライティングを勉強するも、自分の文才のなさに絶望しかけている…。

✅ 目次の構成さえ決まってしまえば書けるのに…!!!

✅ これまでに色々なAIツールを使ってきたけど、どれもこれもイマイチだったんだよな…。

✅ 睡眠時間を削れと言われるけど、すでに毎日2時間とか3時間でこれ以上 削りようがないんだが…。

✅ AIツールの存在は知ってるし、凄いのも分かるけど、これをどうやって使いこなせば一本のコンテンツが作れるのか分からない…。

✅ 自分があと10人いればビジネスを爆速でスケールアップできるのに…!!!

✅ コンテンツ制作に取り掛かると、いつも思考無限ループにハマって結局一文字も書けない…。

上記のいずれかに心当たりがある方にとって、今作は《朗報》です。

【ご参加をご遠慮ねがいます。】

☑️ すでに十分AIツールを使いこなすことができている方。

☑️ AIにセールスレターまで書かせたいと思っている方。

☑️ 各種プロンプト(指示)をコピペすることさえ出来ない怠け者な方。

☑️ 一文字たりとも自分で書きたくない方。

要は、

人間「Hey!AI!『音信不通の元カレと復縁する方法』に関するテキストコンテンツを書いて、noteでリリースしておいて!」

AI「書き終わりました。noteでも公開済みです。」

…みたいなことは今作では実現できないため、プロンプト(指示)をコピペしたり、AIが生成した文章をコピペして一本にまとめたり、最後に文章を整えたりetc…といった “最低限の労力” は必要となります。

また、今作ではセールスレターの執筆に役立つ『ロジックメイク』に関しては言及しますが、セールスレターそのものを書かせる方法については言及していません。

予めご了承くださいませ。

【百聞は一見にしかず】

ご覧いただいた方が早いので、作成事例をご覧ください。

▶︎『復縁』に関する作成事例(テキスト未編集版)

今作でご紹介する方法を使うと、上記のような複数の章と小見出しで構成されているテキストコンテンツが最短30分で書き上がります。

必要なのは30分、

✅ パソコンの前に座って、

✅ 各種プロンプトをコピペ&穴埋めして、

✅ AIが書いた文章を一本にまとめて、

✅ 最後に適宜、文章を整える。

以上の一連を実行できるのであれば、最新鋭のAIを使用した《超絶時短AIコンテンツメイク》の実力をご体感いただけます。

※ プロンプト=AIに指示を出すフレーズ

【AIが不条理を破壊する時代、到来。】

日本人は兎角、

ラクをしたり、ズルをしたりする人間を嫌悪し、時に非合理的な選択だと分かっているにも関わらず「努力すること」や「平等であること」を最大の美徳としがちな民族です。

これはあらゆる研究結果が証明している事実でもあります。

しかし、コンテンツ制作に携わる人間はみな、生まれも育ちも今の生活も、なんなら遺伝子に至るまで、何から何まで違う個体です。

ですから少なくとも、

現状の《時間と能力》には差があって当然。

この世は “不条理がデフォルト” なのです。

にも関わらず、

そういった “現実” をガン無視して根性論だけでまくしたてられたところで、現実的な時間のなさが解消されるでしょうか?

現実的な能力の差、もっと残酷な言い方をするならば、才能の差が埋められるのでしょうか?

私は断固として、NOだと主張します。

気合と根性はもちろん大切です。

また、どれだけ才能があっても、磨く努力を怠れば得られる成果はたかだか知れています。

しかし、

現実的に時間がない方もいます。

現実的に能力が追いつかない方、

そもそも、能力を磨く時間が確保できないという方も大勢います。

そんなこの世の “埋められないと思われていた不条理” を埋めてくれる可能性を秘めているものこそが、《AIライター》なのではないかと私は実感しています。

そして、現代を生きるあなたにも平等に、AIは手を差し伸べてくれています。

あとはあなたが、その手を取るのか/取らないのか。

ただそれだけです。

【あなたは天才ライターですか?】

「あなたは1万文字のコンテンツを30分で書き上げることができますか?」

もし、この質問に全力で「YES!」と答えられるのであれば、あなたに今作は必要ないのかもしれません。

少なくとも、今は。

ただ、

今作でご紹介しているAIはリリースされて二ヶ月も経たないうちに、日々、とてつもない速度で進化を遂げており、

AIが人間の女性になりすますロマンス詐欺が横行しはじめたり、AIがマルウェアを開発してしまったり、ニューヨークでは学生が論文をAIに書かせることが問題視されたり、本を書いたことがなかった男性が10カ国以上の言語で長編小説を出版してみたりetc…

一昔前では考えられなかったことが世界各国で起こっているのが “現実” です。

現状、今作のレターのような属人性の強い文章はAIには書けません。

ただしこれもやはり「少なくとも今は」です。

たしかに、人間にしか書けない文章 “も” あるのでしょう。

では、“AIでも書ける” 文章はどうなるのか?

私たちの身近なものでいえば、セルフレジが導入されて、人間の働き手が少なくなったことが全てを物語っていますよね。

どんな時代でも、失われる仕事があれば、新たに生まれる仕事もあるのです。

AIを操作するのが人間である以上、人間がライティングスキルを磨く必要はなくならないとは思いますが、現代を生きる私たちにとって最も必要なことは、時代に適応する能力である。

このことは、惑星地球における大先輩・恐竜のみなさまが「絶滅」をもって証明済みなのはご存じのはずです。

【本編のご紹介】

本項では、本編の内容を簡単にご紹介させていただきます。

ご参加のご検討材料にお役立てくださいませ。

【第1章:登録方法&基本操作編〜AIが人間を超える未来に備えよ…!!!】

本コンテンツで取り扱うAIツールの登録方法、ならびに、リリースから一ヶ月以上毎日欠かさず使い倒したことで得られた、あらゆるトラブルシューティングについて解説しています。

また、この基本操作とAIの特徴を掴んでしまえば、独自の応用もしやすくなるはずです。

※ 日々進化を遂げているツールなので、アップデートがあれば今後も随時更新していきます。

【第2章:穴埋め式コンテンツメイク超絶時短最前線〜AIゴーストライターによって1万文字のコンテンツがわずか30分で完成する世界線】

世の中にはコンテンツメイクに関する優秀な教材が多数存在しますが、やはり “代わりに書いてあげる” ことだけは、どうしても実現できない課題の一つでした。

しかし、私が独自に研究を重ねて編み出した独自プロンプト(AIに指示を出すフレーズ)を使えば、あなただけの《ゴーストライター》が秒で爆誕。

1万文字のコンテンツを最短30分で書き上げることができる世界線へとご招待いたします。

【第3章:AIロジックメイク超絶時短最前線〜人知を超えた最強の思考力を支配せよ】

コンテンツ制作ならびに情報発信で時間がかかるのは、執筆時間だけではありませんよね。

なんらかの発信をするということは、何らかの主張(ポジショントーク)をするということでもあり、そのためには “あなたの主張を納得させるだけのロジック” が必要。

そして、このロジックを構築するためには膨大な思考時間が必要とされていました。

…そう、今までは。

人間が人間のコンサルを雇って思考力を補おうとするのと同じように、AIという人知を超えた最強の思考力を手に入れられるとしたら、あなたのビジネスはどれほど加速するでしょうか?

しかも生身の人間と違って、気を遣う苦労もありません。

あなたがどれだけ傍若無人な暴君だったとしても、24時間365日、嫌な顔ひとつせず、あなたにとっての絶対的な味方として、AIは力を貸してくれます。

【第4章:〆コラム〜AIに仕事を奪われる…?!!という化石SF思考】

「AIに仕事を奪われる…!!!」

AIの話題になると途端にこういった論争になりがちですが、私たち人間のライターが直面しているのは “もはやそんなフェーズではない”、というのが私の見解です。

コンテンツ制作に携わっている身として、最後に一意見を述べさせていただきたいと思います。

【購入者特典】

今作では複数の独自プロンプト(指示を出すフレーズ)をご紹介しています。

これらのフレーズをすぐに使えるように、Googleスプレッドシートにまとめた《AI半自動化フレーズ_カンニングペーパー》を別途ご用意しておきました。

コンテンツ制作は学校の試験ではないので、好きなだけカンニングして、好きなだけコンテンツを制作して、好きなだけあなたのビジネスを効率化&最大化してください。

【感想ツイート特典のご紹介】

現在、日本ではまだまだAIライターの存在がなかなか浸透していません。

中にはAIツールの存在や「とにかく凄い」ということだけは知っているものの、どうすれば自分のビジネスに活かすことができるのか分からない方が多いのが実情。

というわけで今作では、

一人でも多くの方に《AIのもつ可能性》をお届けすることを目的として、感想ツイートにご協力いただいた方に、下記の《4大特典》をプレゼントいたします。

🎁 ライティングの神様への冒涜:超絶簡単記事作成フレーズ〜テーマを添えるだけ

本編でご紹介しているものよりもさらに、簡単すぎるほど簡単に、記事を1本書くことを想定した《超絶簡単記事作成フレーズ》を独自に考案いたしました。

あなたはただ、AIに書かせたい「テーマ」を決めるだけでOK。

もしもこの世にライティングの神様がいたら “天罰がくだるレベルのお手軽さ” を体感してください。

🎁 あなたがAIを雇う時代到来:記事作成丸投げフレーズ〜今日からあなたが編集長

前項のフレーズだけでもビックリするぐらい簡単に記事が一本書き上がってしまうのですが、肝心のテーマを決めることで悩んでしまう方も中にはいらっしゃいますよね。

だったらそれもAIに任せてしまいましょう。

あなたが編集長として君臨し、AIライターを雇って書かせる時代がようやく訪れたのです

🎁 最新AIツール最前線:ほとんどの日本人が “たぶん” 知らない拡張便利ツールをご紹介

実は、今作でご紹介するAIツールに関連した各種拡張ツールが、海外ではかなり活発に開発されています。

そんな、ほとんどの日本人が “たぶん” 知らない拡張便利ツールの数々をご紹介いたします!

🎁 AI半自動化カンニングペーパー_完全版

本編でご紹介しているプロンプト(AIに指示を出すフレーズ)+@、特典でご紹介しているフレーズも合わせてまとめた《カンニングペーパー_完全版》をご用意しておきました!

なお、受け取り条件はいたってシンプル。

【1】大河(@urataigabiz)をメンションの上、今作『AIコンテンツメイクのすすめ2』の感想をツイート。

【2】大河まで「特典希望」とDM。

あまりにも適当な感想を除き、特にアフィリエイトをしていただかなくてもお渡しいたします。

時間・能力・才能の限界に苦しむ全てのコンテンツ制作者を救済するためにもどうか、ご協力いただけますと幸いです。

【あなたの限界を破壊する、4つ目のリンゴ】

この世には、歴史に大きな影響を与えた《3つのリンゴ》があると言われていました。

1つ目は、アダムとイヴのリンゴ。

2つ目は、ニュートンのリンゴ。

そして3つ目が、

スティーブ・ジョブズのリンゴ(Apple)です。

右京さんの前作『AIコンテンツメイクのすすめ1』の推薦文を寄稿した際、私はこんな表現をしました。

「救世主か、侵略者か、あるいはそれとも…」

今作でご紹介するAIツールをリリース当初から使い倒してみた私の実感として、AIツールは多忙すぎる現代を生きる私たちがどうしても解決することができなかった、

✅ 時間の限界

✅ 能力の限界

✅ 才能の限界

この3つの限界を解決してくれる可能性を秘めた、“4つ目のリンゴ”

『AIのリンゴ』なのではないかと感じています。

▼ 執筆する時間が確保できない?

AIライターに書かせて、あなたは編集長の役割を代わりに担えばいいのです。

▼ 文章を書く能力が身につかない?

AIライターに書かせて、浮いた時間であなたは自分の能力を磨けばいいのです。

▼ 文章を書く才能がない?

AIライターならば、およそ生身の人間では思いつかないアイデアでさえ瞬時に提案することができます。

本当はこんな言葉を使いたくはなかったのですが、あえて言います。

あなたは、先行者利益を手に入れたくはありませんか?

【Q&A】

Q:本編で登場するAIツールは有料ですか?

A:今作リリース現在は完全無料で使用可能です。

すでに有料プランもリリースされていますが、引き続き、無料でもご利用いただけます。ただし、有料プランの方が利用制限がなく、スピードも速いので快適です。

Q:他のAIツールとの違いはなんですか?

A:自然な日本語と応用の可能性が無限なところだと感じています。

従来のAIライティングツールの多くは、記事作成を前提として開発されているため、各種コマンドがすでに用意されているところがメリットでもありましたが、反面、細かな調整はできないデメリットがありました。

また、日本語に対応している他社のツールと比較しても、今作でご紹介しているAIツールは最も自然な日本語の文章生成に長けているように感じています。(パッと見、人間が書いた文章と遜色ありません

Q:単刀直入にデメリットはなんですか?

A:長文作成を前提としたツールではないところです。

本来、チャット形式のAIツールなので、長文を生成させようとすると文章が途中で切れることがあります。

その場合、続きを書かせるためのプロンプト(AIに指示を出すフレーズ)をAIに投げてやる手間があるので、その点はストレスに感じるかもしれません。

なお、今作のような複雑なセールスレターを書かせることにも向いていません。(引き続き、研究はしてみます)

※ また、現在は完全無料でも利用可能なツールということも相まって、混雑時には利用を制限されることもあるのがデメリットだと感じていますが、これらの点を加味しても、たとえ有料になったとしても、私は利用したいAIツールだと感じています。

Q:AIに任せれば、自分で一文字も書かなくてOKですか?

A:用途次第です。

あなたが人の心を動かすような文章を書きたいと思うのであれば、AIの書く文章そのまま出しでは浅すぎます。

たとえば「夢を叶えるには人生は短すぎるが、諦めるには長すぎる」といった短くても深みがある文章をAIは書けません。

また、具体的な心理描写を伴う文章や専門性の高い知識が必要なコンテンツについても、ある程度は書かせることができますが、どこか具体性に欠ける印象になるので、部分的に人間が魂を吹き込んでやる必要があると思います。

なお、AIの文章に魂を宿す方法については『AIコンテンツメイクのすすめ1』にて解説しております。

Q:このAIツールを使えば稼げますか?

A:知りません。

その質問は「このトリュフを買えば、ミシュランで三つ星が貰えますか?」と言っているのと同じで、生かすも殺すも、結局はあなた次第です。

あくまでもAIは人間である私たちのビジネスを効率化・最大化してくれるための “便利なツール” の一つに過ぎないのだということだけは、ゆめゆめお忘れなきよう。

【AIと人間による “新時代” の幕開け】

2022年12月、

今作で取り上げるAIツールの登場によって、あらゆるビジネスの風向きが確実に変わりました。

月並みな表現で恐縮ですが、乗り遅れないように、時代を共にサバイブしていきましょう。

Brain
Brain | 紹介機能付きコンテンツ販売プラットフォーム ブレイン Brain(ブレイン)は、自分が持っている知識やノウハウを有料販売し、収益化することができるプラットフォームです。レビュー機能により、良いコンテンツが可視化されるため...
  • URLをコピーしました!
目次