お問い合わせ

完成前のサイトや空白のページを公開するとGoogleに嫌われる理由

この記事は約2分で読めます。
本文は約984文字です

SEO情報で有名な海外ブログ『Search Engine Roundtable』に大変興味深い記事がありました。

Google: Don’t Publish Empty Or Blank Pages』という記事です。

新規サイトを制作途中で公開する場合には特に注意した方が良い内容になっています。

目次

記事の内容は?

質問:
「一部のページにコンテンツがない場合でも、Webサイトを公開するのは良い考えですか?」

答え:
『インデックスを早めるために、空のページや空白のページを先行して公開すると、インデックスを早めるどころか遅くなるから逆効果だよ』ということです。

GoogleにURLをフィードして、Googleがそのページでコンテンツを認識しない場合、Googleはそのページをしばらくの間再度チェックしないことを決定する可能性がある。おそらく裏目に出るでしょう(重複として分類することさえあります)。

元のツイートは次のとおりです。

まとめ

サイト制作時に完成前に記事を公開すると、Googleがその記事を低品質なコンテンツとみなす可能性が高くなり、その後の評価にも影響するという内容でした。

Googleは無限にリソースがあるわけではないので、低品質なコンテンツを極端に嫌います。Googleから見ればリソースの無駄だからでしょう。

低品質なコンテンツを多く含むサイトは、記事だけでなく、サイト全体の評価も下がりますので、要注意です。

記事を制作する時には、製作途中で公開するのはNG、非公開、もしくは下書きのまま記事を制作すべし、が今後スタンダードになりそうです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

目次
TOPへ
目次
閉じる