お問い合わせ

中古ドメインから新ドメインに301リダイレクトは効果ある?いつまで?

この記事は約4分で読めます。
本文は約2299文字です

中古ドメインはドメイン名が自由に決められない欠点があります。中古ドメインのドメインパワーを引き継いで新規ドメインにリダイレクトする方法が知られています。

この方法は、301リダイレクトするとドメインの評価がリダイレクト先に引き継がれる、という仕組みを使ったものですが、301リダイレクトをし続けるには中古ドメインと新規ドメインの2つを契約し続けなければならない欠点があります。

目次

中古ドメインから新規ドメインに301リダイレクトする手順

中古ドメインから新規ドメインに301リダイレクトする手順は以下の手順で行います。

中古ドメインからのリダイレクトはいつまですればいいのでしょうか?

  1. 中古ドメインでペラサイトを作る
  2. Googleがインデックスするのを待つ
  3. 新規ドメインに中古ドメインをリダイレクトする
  4. リダイレクトはいつ外していいか?

301リダイレクトはいつまで続ければいいのか?

Googleのジョンミューラーは「最低でも1年間リダイレクトを継続しておけば、解除してもいい」といっています。

しかし、301リダイレクトを外すと『旧URLにアクセスしたユーザーが新URLに転送されなくなることに加えて、旧URLに与えられていた検索エンジンの評価、たとえば旧URLに張られている被リンクの価値は新URLには引き継がれなくなってしまう』というのが事実です。

つまり、中古ドメインから新規ドメインに301リダイレクトし、中古ドメインの財産を継承したいのであれば、基本的にはリダイレクトは外してはいけないのです。

ミューラー氏は「最低でも1年間リダイレクトを継続しておけば、解除してもいい」と言っている。この部分だけを切り取ると、1年経てばリダイレクトを解除しても大丈夫だと解釈してしまう。

しかし必ずしもそう単純なことでもない。ミューラー氏の発言の背景を説明する。

ミューラー氏は「1年」と言っているが、大前提としてリダイレクトの効果があるのはリダイレクトが有効なときだけだ。いったんリダイレクトを解除すれば、旧URLにアクセスしたユーザーが新URLに転送されなくなることに加えて、旧URLに与えられていた検索エンジンの評価、たとえば旧URLに張られている被リンクの価値は新URLには引き継がれなくなってしまうのが実情だ。

https://webtan.impress.co.jp/e/2019/01/25/31633

過去に301リダイレクトの履歴があってもドメインパワーは失われない

中古ドメインを物色していると、Wayback Machineで301リダイレクトされた履歴をよく見かけます。そしてそのようなドメインは長いこと契約されず放置されていることが多いです。

中古ドメインに301リダイレクトの履歴があるとドメインパワーが失われたと思っている人が多いので、そのようなドメインは素性の良いドメインであっても人気がありません。

しかし、中古ドメインは301リダイレクトが外れるとリダイレクト先とは関係が無くなります。リダイレクト先のドメインには、中古ドメインが持っていた被リンクやドメインパワーなどは引き継がれなくなります。

そうであれば、301リダイレクトの履歴がある中古ドメインであっても、中古ドメインとしてドメインパワーを使うことができます。

サーチコンソールでは過去に301リダイレクトされていても被リンクは検出された

もし、Googleのミューラー氏が言うように、301リダイレクトを1年間後に外しても問題ないという発言を真に受けるのであれば、その被リンクはリダイレクト先に永久に引き継がれると考える人が多いと思います。

しかし、それはあり得ません。

過去に301リダイレクトされたドメインをサーチコンソールに登録し、時間が経つと、過去の被リンクがそのままリンクとして検出されます。

つまり、中古ドメインにもともとあった被リンクは301リダイレクトが外れたらGoogleにとっても301リダイレクトは無いものと扱われるということです。

301リダイレクトの履歴はその中古ドメインの価値を下げない

優良な被リンクがあり、権威性の高い中古ドメインでは、過去に301リダイレクトの履歴があるものが期限切れで放出されていることが多いです。中古ドメインで301リダイレクトされているものは避ける風潮があり人気は下がります。しかし、被リンクが汚れてスパムスコアが高くなければ、そのドメインは元のパワーを保っていると考えて問題ありません。

そう考えると、301リダイレクトがあるだけで避けていた中古ドメイン選択の幅も広がるのではないかと思います。

中古ドメインからのリダイレクトはドメイン維持コストが2倍かかる

中古ドメインからの301リダイレクトは外してしまえば効果が無くなります。外しても問題ないぐらいリダイレクト先のドメインが成長していればいいですが、中古ドメイン頼りのままではリダイレクトは外せません。

そうなると、新規ドメインと中古ドメインの2つを維持しなければならなくなり、維持コストは2倍です。

中古ドメインからリダイレクトするやり方でSEO対策したもののサイトが成長しない場合もあります。その場合は、中古ドメインに価値が無いわけですから、リダイレクトを外して中古ドメインは放出し、新規ドメインだけ残す方が良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アフィリエイト歴10年以上のベテランアフィリエイター。アフィリエイトをこれから始めたい人や初心者が稼げるようになる有益な情報を提供できるように心がけています。

目次
TOPへ
目次
閉じる